文字

2007年11月10日

私たち・先祖の部落差別

仮に部落というものがなければ、
この日本はどうなっていたのでしょうか。

江戸時代、日本の社会階層は農民がその比重を多く占めました。
彼らは、士族の存在に不安感がありました。

また、商人たちは、建前上身分的にヒエラルキーが低い位置にありましたが、
普段の生活レベルは一般の農民たちよりも余裕のある生活をおくることができました。


毎年年貢を納めなければ手痛い「ペナルティ」を受けるというプレッシャー。
潜在的に日本の昔の農民たちには鬱屈した苛立ち、疲労感があったのではないでしょうか。

幕府は搾取する相手に対し、
より弱い存在、より軽視すべき存在として、
何の文脈もなく部落というものをでっち上げ、
そこに農民らの怒りの矛先を向かわせるという周到な自衛方法をとりました。

もちろん、しばしば百姓一揆という形で
農民の怒りが支配者側のほうに向いたこともありました。

私たちの先祖の時代の社会的差別にもう一度、
光を当ててみましょう。

私たちの先祖がどのような差別をし、どのような差別を受けたのか?
ここから、現代も消えない差別を考える知恵が得られると思います。

中世の時代。
京都市内の2、3の部落に中世河原者と呼ばれる人達がいました。

彼らは主に税金のかからなかった河原に住んで井戸掘りや壁塗り、行商などの仕事に携わっていました。
この中の山水河原者という人達は、銀閣寺や南禅寺などの庭園を作りました。

また、ハンセン病患者の方々や埋葬、死んだ牛や馬の処理、それに伴う皮革業に従事した人達も含まれます。

彼らは賤民と称され理不尽に差別されていました。

京都以外にも、摂津国や山城国の各1部落に、中世きよめ村という掃除などに従事する人達がいました。
近江国の13部落には中世の寺院の隷属人として働いていました。

人を貶めたり、人から何かを盗んだりしたのでもありません。

彼らのちょっとした差異を強烈に意識した周囲の人達が
意図的に差別しただけに過ぎません。

「他とちょっと違う」

日本の差別を考える上で重要な要素だと思います。

社会の下層にいた職人の一部の人達も
理不尽な差別を受けていました。

中世末期の皮革職人のほとんどがそうです。
死んだ牛や馬から皮製品を作るという生業を
周囲の人達は無知なまま、卑しいとか決めつける。

近江国の染色業者(青屋)と呼ばれた人達も差別の対象でした。
また但馬国、信濃国の若干の水運関係に従事する部落の人達も差別の対象とされました。

水利、田畑の番人の一部も差別を受けました。
上野国、常陸国の2部落の水利の番人、伊勢国の2部落の田畑の番人も差別の対象でした。

農民の一部にも不合理な差別がありました。
近世初頭の検知帳に「かわた」の記載がある地域の
人達も差別の対象とされました。
posted by nagas at 20:48 | 長崎 | 差別

長崎県高島炭坑と部落差別

まだ、日本がエネルギーの供給を石炭に依存していた時代。
炭坑の中の温度は非常に高いのです。

地底に降りていくに従ってどんどん温度は高くなります。
50℃前後にもなります。
石炭を掘り進む炭坑たちは、そのような過酷な環境の中で働きました。

閉鎖された炭坑の中の酸素は乏しく、暑すぎる温度で汗は絶えず流れ続けます。
それでも休むことは許されません。

坑夫の中には過酷な労働環境に耐えられず、
すこしだけ休憩を取ったり、納屋頭(労働者たちを監視するマネージャー)にすると、
熾烈な「罰」を受けました。

見せしめとして、
坑夫の両腕を後ろ手に縛り
梁の上に釣り上げて暴力を加え、
他の坑夫たちにその様子を見せつける。

あるいは、
過酷な労働環境に耐えられず脱島しようとして
監視人に捕まれば、蹴り上げられ、打ち倒され、釣り上げられたりします。

逃避願望や反抗心をもっている坑夫たちへの牽制として、
このような暴力は日常茶飯事のことでした。

現代の日本の発展には、マイノリティの人達の犠牲の上に成り立っています。
ここには、現代の企業と労働者との関係の原点が見られましょう。
松本吉之助さんの話からの引用の引用ですが、
炭坑を掘り進める際には、タネ油と石油の合油の灯りをたよりに石炭を掘るという風にやっていた。

炭坑という仕事には、生まれた土地だけの理由で差別するという理不尽な部落差別というものが
厳然と存在しました。
炭坑産業初期に炭坑に携わった人間のほとんどは部落出身者でした。
男女も関係なく、
例えば、女性の場合、坑内は地熱で暑すぎるので、
上半身は裸でおっぱいも丸出しで仕事に従事しました。

羞恥心よりも先に、命がけの仕事を1日1日と凌いでいきました。
坑内での火事や崩落などの事故の危険との隣り合わせ。

徹底して部落出身者は差別され、炭坑夫の仕事をするのではなく、
掘った石炭の載ったトロッコを全身で押し動かす仕事(ズラ曵き)をやらされていました。


posted by nagas at 20:46 | 長崎 | 差別

2007年11月08日

野外宿泊に行ったこと

10月29日、30日に、諫早少年自然の家に野外宿泊に行きました。着いたらすぐに五家原岳に登りました。五班の行動班で登りました。始めのころは、あんまりきつくなかったけれど登っていくと、どんどんきつくなりました。登っていくと、犬が出てきました。犬は、僕たちの後ろを着いてきました。前の人を走って追い抜いたり、抜かされたりしていくうちに、頂上が見えてきました。また走っていくと、ヘビが出たのでびっくりしてもっと早く走っていきました。やっとのことで頂上に着くと、頂上からの景色はとってもきれいでした。昼飯を食べていると、みんなが着いたので、写真をとって下山しました。自然の家に帰ると、1時間ぐらい休憩を取りました。休憩のときに、シーツなどを拡げて寝る準備をしました。夕べのつどいのときに、初山中学校、山里中学校、洗切中学校と泊まっていました。夕べのつどいが終ると、夕食をとりました。運動の後の食事はとってもおいしかったです。夕食が終ると、暗闇探検をしました。一班、二班、三班と、どんどん森の中へ入っていきました。そして五班になると怖がりながら森の中へ入っていきました。すると、

「道がわからなぁい」


と、他の班の声が聞こえてきました。いつの間にか、たくさんの班が合体して、進んで行きました。歩いていると、いきなり西岡先生が出てきました。みんなびっくりしてこけてしまいました。いつのまにか一人、ひとりで行くことになってしまいました。僕の番になって歩いていると、いきなり富田先生におどかされてしまいました。僕はちょっと隠れて他の人を驚かそうと、隠れていました。いつにまにか、5人ぐらいに増えて、歩いていきました。やっとゴールに着いて、風呂に入りました。幽霊を見た人はいるかなぁと思いました。風呂に入ると、熱気がムンムンしていました。風呂から出ると。早く着替えて部屋に戻りました。部屋で友達と遊んで寝ました。次の日は、起きると朝のつどいをしました。朝はかなり冷えました。ラジオ体操を終えて急いで朝飯を食べました。食べ終わると、弁当をとってマップハイキングの用意をして説明を聞いてマップハイキングに行きました。ちょっと不安がありました。森の中にあったり、道路の近くにあったりで大変でした。301と109は見つけることができました。やっとゴールに着くと総合得点は36点でした。マップハイキングが終わるとすぐ帰りました。とっても楽しい野外宿泊でした。けれど協力できなかったことがあったのでそれを直そうと思いました。学校で、できるだけ協力して、困っている人がいたら、できるだけのことをしていこうとおもいます。
posted by nagas at 21:52 | 長崎 | 野外宿泊

家庭科の授業態度

僕は、家庭科の授業態度でちょっとふざけている時と、ふざけないでちゃんとしているときがあります。家庭科の授業を受けているときに、友達としゃべっていて怒られる時があります。家庭科の先生に、しゃべっていて怒られるのが多いです。
怒られて家庭科の先生の授業の邪魔になって悪いなぁと思います。友達としゃべっていて悪いと事になるのでしゃべるのはやめようと思います。
今日は怒られなかったけれど、家庭科の授業が

「早く終われー」


という人がいました。
僕は言わなかったけれど、遅いなぁとちょっと思いました。家庭科の先生がとっても怒っていたので悪いなぁと思いました。これから、家庭科の授業でしゃべったりしないで家庭科の授業をちゃんと受けようと思います。
posted by nagas at 21:51 | 長崎 | 授業

長崎くんち

僕は長崎くんちの出店に行きました。千円持っていって、フランクフルトを食べて、クレープを食べて、当たりくじを2回しました。ガムが2個当たりました。商店街を歩き回っていると友達とあったので、友達と歩き回ってまたクレープを買いました。当たりくじをまた2回すると、ガムが当たりました。次の日も行ってクレープを買いました。また当たりくじをして今度は四回しました。ガムしか当たりませんでした。そんなにいいものは当たりませんでしたが、たのしい長崎くんちでした。ほかにも買いたいものがありましたが、買いませんでした。金魚は死ぬのがいやで、カメは、前買っていたとき僕が来ると逃げてしまって、豚まんはお金が足りませんでした。
posted by nagas at 21:49 | 長崎 | 長崎くんち

席替え

昨日(9月30日)に、席替えをしたけど僕は、あんまりしたくなかった。なぜかというと友達が近くにいたのに遠くなってしまうからだ。だから席替えをするのがいやだなぁと思っていた。席替えをしていやだなぁと思いながら音楽室に行ったので、音楽室じゃなく教室で授業を受けることになった。音楽の授業を受けているときに僕は、こう思った。
もしも自分たちの好きなとおりになったら好かれていない人がかわいそうだなぁと思った。好きな通りになったらむちゃくちゃになってしまうなぁと思った。やっぱり先生が中心に席替えをする方がいいなぁと思いました。自分たちが勝手に席替えをすると好かれていない班と分かれてしまうから。席替えは友達と一緒になるためじゃなく、友達を作るためじゃないかなぁと思いました。
posted by nagas at 21:48 | 長崎 | 席替え

紙と生活

1 おりがみ(正方形・うすい)
おりがみやノート、紙コップ、段ボールなどが紙から作られるのはみんなも知っているだろう。おりがみはいろいろな形が作りやすく角もそろえやすい。それに、いろいろな形を作るとカラフルだからきれいだ。

2 ノート(長方形・束ねてある)
ノートは、束ねてあるから、書いた順序がわかってまとめて保管できる。また、束ねてあるからバラバラにならない。持ち運びが簡単にできる。

3 紙コップ(円筒形)
紙コップは、水など入れても、もれない仕組みになっていて、こわれても紙なのでけがをしない。軽いので、ピクニックなどのときに簡単に持ち運びできる。
posted by nagas at 21:45 | 長崎 |

朝自習について

朝自習はこれからの勉強に役立つために朝自習をしている。これからまじめに静かにしようと思う。いつも朝自習をまじめにしない時が多いのでこれからはちゃんとしようと思う。これからちゃんと朝自習を取り組んでいこうと思う。
posted by nagas at 21:43 | 長崎 | 朝自習

聞くことの大切さ

火曜日の児童集会のとき、清水さんと鎌田さんの話を聞かなかったので体育館に行くのが遅くなったのだなぁと思います。
あのとき、はなしをちゃんと聞いていればよかったなぁと思います。だから、これからちゃんと話を聴こうと思います。高学年としてあんな態度をとったら低学年に示しがつかないので、これから早く整列しようと思います。学習の時も先生の話を聞かないときが多いのでちゃんと聞こうと思いました。これから、何でもちゃんと聞こうと思います。
posted by nagas at 21:43 | 長崎 | 五年生

現代の人間の生活

僕は、ハリネズミがうらやましいなぁと思います。どうしてかというと、ハリネズミのまわりは自然に囲まれているけれど、僕たちのまわりは自然がそんなにありません。だから、自然を僕たちのまわりにほしいなぁと思います。僕は、ハリネズミみたいな生活をしてみたいなぁと思います。カワネズミの小川を実際に見てみたいなぁと思います。現代の生活というと平均的には、何にも不自由がない生活だと思います。昔は不自由な生活をしていたのかなぁと思います。昔のことを思うと、これからちゃんとした生活にしようと思います。昔はクーラーやテレビや冷蔵庫とかなかったので、どうやって生活していたのかなぁと思います。電気製品がなかったので灯りはどうしたのかなぁと思います。
posted by nagas at 21:15 | 長崎 | ハリネズミ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。